イラスト 学校法人かもめ幼稚園 トップページへ

教育目標 園紹介 年間行事
入園案内 交通アクセス リンク
かもめたより


2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年

▼2018年

● 2018年一覧
● 7月24日
● 5月31日
● 4月7日
● 4月26日

かもめだより2018.4

2018年4月7日
心待ちにしていた春の訪れ…やわらかな陽光に、風が快いリズムを奏で花の季節をむかえました。
園庭の花壇にも色とりどりの花が咲き揃うなか64名の新入園児を迎え、全園児200名で希望溢れる新年度がスタートしました。待ちに待ったご入園そしてご進級おめでとうございます。
私たちも環境を整え張り切っております。「幼稚園は子どもがはじめて出会う学校」人間としての根っこを育てる教育の場だと考えています。ゆったりとした環境で、一人一人をあるがままに受け止めることから始めたいと…。
新年度4.5月は新しい友達、先生、生活リズムなど新しい環境になじみ、親しみ、挑戦しながら自分の居場所をつくるときです。
温かい家庭の中で何の不安も無く過ごしてきた子どもにとって、初めて出会う社会なのですから日々が様々なドラマの連続。
親も子も新しい環境への期待と不安が、かわるがわる去来することでしょう。でもどの子もすばらしい適応力を秘めていますから…。
大人よりずっと柔軟です。多少のトラブルは成長の糧として育っていきます。ただ 親の心配や不安を子どもに移さないで下さい。親の動揺から子どもにプレッシャーをかけないことです。どうぞ平常心と笑顔で出迎えてやってください。我慢して見守ることも大切な教育力 大きな愛情でもあります。
心身の変調についての不安や心配がありましたら遠慮なくお話下さい。職員みんなでしっかり受けとめさせていただきます。
ご支援よろしくお願いいたします。

探究心を培う重要な経験を
  子どもの育ちに「遊び」は極めて重要です。例えば泥団子を作る遊びです。最初、そこには土と水があるだけです。そこから、子どもは
 試行錯誤しながら、堅くて光った泥団子を生み出します。その過程で、どのくらい水を足せばいいのか、どのタイミングでどう磨いたら
 いいか、かなりの探究のプロセスを通して一つの泥団子を完成させるのです。それにはかなりの集中力や創造力と思考力が必要です。
研究者が新しい発見をするために試行錯誤するプロセスによく似ているのです。今こそ「遊び」が幼児期に極めて重要な事なのです。
秋田 喜代美
*新職員紹介*  
田中加奈子・野崎鈴乃・田中菜月・木島 麻紀 4名の新しい先生を迎えました。
〜 夢いっぱい元気いっぱいのかもめっ子に負けないパワーで頑張ります。温かく見守ってやって下さい。 〜

*内田陽子先生  産休、育児休暇の為、一年間お休みを頂きます。



学校法人かもめ幼稚園
■ Copyright(c) 2004 KAMOME Kindergarten All rights reserved. ■