イラスト 学校法人かもめ幼稚園 トップページへ

教育目標 園紹介 年間行事
入園案内 交通アクセス リンク
かもめたより


2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年

▼2020年

● 2020年一覧
● 2月26日
● 2月14日
● 1月8日

かもめだより2020.2

2020年2月14日
二月は「梅見月」とか「雪消月」などと言われています。いったい冬なのかそれとも春なのでしょうか・・・暦の上では、大寒も過ぎ、もうすぐ立春。一日一日と確実に時は流れ去っていき、年長組のみんなは園生活も後二ヶ月です。三学期の初めから、ソリ遊びに、餅つきに一日入園と楽しい行事が続きました。
ソリ遊びの日は天気には恵まれましたが、「大山青年の家」は積雪0センチ。そり遊びはできませんでしたが、深々と冷える森の中に冬を見つけにでかけました。冬の森の中は厳しい冬を越すための植物の様々な工夫がいっぱい、大山青年の家の先生が色々説明して下さったのですが、全員が興味を持ったのは、イノシシが掘った大きな穴。「えーイノシシだって!」 「こわいなぁ」「大きな穴だー」‥等 みんなが口々に驚きの言葉を口にしながら穴を覗いていました。そり遊びの服装、森の中を歩くのに最適でした。
また16日は、かもめ幼稚園恒例の餅つき会。今年も子どもたちの元気な掛け声に合わせ、おじいちゃんやバスのおじさんたちの杵がはずみました。年少組の女の子、前日に読んだ絵本が「せいろ」で「蒸す」お話だったそうで、興味津々で餅つきに参加。「湯気がでてた。いい匂いだったよ」とお母さんに報告があったそうです「。なかなかできない体験をありがとうございました。 」と結んでありました。お店に行けば何でも買える時代ですが、時間をかけて皆で作ったお餅の味は格別です。家ではあまり餅を食べない子も、幼稚園のお餅は何個でも食べています。きっと大きくなった時に「 幼稚園の餅つき会 楽しかった!」と思い出してくれるでしょう。餅つきの様子はホームページでも紹介しています。
今年の発表会15日、16日と2日間に分けて行います。ゆっくり観賞していただけるように計画しました。        
歌や劇や合奏などきっと元気な演技を見せてくれることと楽しみにしています。表現することは、とても大切な教育の一分野です。年齢やそれぞれの力に応じて、力いっぱい主体的に自己表現できるよう、職員もしっかり支えたいと思っています。出来栄えよりも自分を精一杯表現することこそが、とても大切なことですから。かもめらしい発表会にいたします。どうぞお出かけ下さい。観客席から元気の出る声援をよろしくおねがいします。

文部科学副大臣 上野 通子さんの講演を聞く機会がありました。ご紹介します。
「人生100年時代と人間力」
あなたは今 幸せですか?     幸せってなに?   幸せを感じるために人は生きている。
人生100年時代・・今の小学生の半分以上は106歳まで寿命が延びる。
自ら幸せを感じる力を高める事から始めよう。 
幸せに生きるために・・・・幸せを重ねていくと幸せを意識していき、幸せを感じやすくなる。
                     幼い時から「ありがとう」という言葉が意識を高める。
本物の幸せとは・・・幸せの3Kとは    若者の幸せ3Kの変化
昭和時代  (結婚)   (家庭)   (子ども)
平成時代  (携帯)   (コンビニ)(個室)
令和時代は・・・? (健康)(会話)(孝行)人とのつながり、コミュニケーションの出来る時代になりますように・・・。
一番の問題は年齢に関係なく孤独になること➡→「幸せ」を感じるそしてつながっていく(幸感力・幸共育・幸動力・幸創力)
                                    孤独にならない
今後は・・答えのある問題はAIに抜かれる!  答えのない問題を考える力をつけよう。
創造社会・・AIを使いこなしながら答えのない教育にシフトしていく。



学校法人かもめ幼稚園
■ Copyright(c) 2004 KAMOME Kindergarten All rights reserved. ■